トップ >> 医療機器AEDについて

AEDを使った救命情報

AEDは半永久的ではありません

AEDは、心臓が心室細動を起こした際、除細動の機能で電気ショックを与えて、心臓の動きを正常に戻すための機器で、現在では、さまざまな場所に設置されていることをみなさんご存知だと思います。2004年7月以降、厚生労働省により、医療従事者だけでなく、一般市民にも救命のための除細動を行うことができるようになりました。電源を入れると、音声で指示を出してくれるので、非常に簡単に使うことができます。しかしながら、AEDは一度設置したからといって、半永久的に使用できるわけではありません。機種にもよりますが、耐用年数があります。また、耐用年数内であっても、消耗品の交換が必要になるので、設置したあとも管理していくことが重要となってきます。

AEDの価格について

最近では、あらゆるところで見かけるようになったAED(自動体外式除細動器)ですが、まだまだ価格が高くなっています。しかし、導入するにあたっては、購入するという手段だけではなく、レンタルすることもできます。これからAEDを導入しようとしている方々にとっては、どちらがお得なのか検討されることをおすすめします。価格が高いという点がネックになったとしても、これで命が救えると思えば、もしかしたら安いということになるのかもしれません。いつ起こるか分からない心肺停止。いつの日か、一家に一台、常備される日が来るのでしょうか。