トップ >> AEDが使える年齢とは

AEDを使った救命情報

AEDには年齢制限があるのか

AEDは、心肺蘇生に用いられる機器ですが、使用できる年齢について考えたことがあるでしょうか?恐らく、あまり意識したことがないのではないかと思います。以前までは、子供であれば満8歳以上にしか対応できなかったAEDも、最近増え続けている心疾患による突然死を防ぐために、満1歳以上満8歳未満の小児のために、小児用の電極パッドを搭載したものがあります。大人用のものは8歳以上と定められています。また、1歳未満の赤ちゃんには、たとえ小児用であっても使用できません。子供用は電気エネルギー量が成人の3分の1になっています。

AEDを子供に利用するとき

2004年にAEDは、一般市民の使用が認められましたが、まだ子供に対しての使用は認められていませんでした。しかし、2006年から子供にも使用することが認められるようになり、現在では、多くの小学校や保育園などに設置されるようになってきました。しかしながら、子供用のAEDが必ずあるとは限りません。子供に大人用の電極パッドを貼る場合には、2つの電極パッドが重ならないように注意して下さい。最近では、大人用であっても、子供用の電極パッドが一緒に入っているものも増えてきていますので、まずは子供用の電極パッドが入っているかを確認することが大切です。